アレルギー性鼻炎が起こるしくみ

アレルギー性鼻炎は一般的にホコリなどのハウスダスト、花粉、カビ、フケなどのアレルゲンが引き金となり、体が異物として扱うために過敏症状を起こすことから発生します。アレルゲンが鼻や口から体内に入ると、異物を何でも食べる細胞であるマクロファージがアレルゲンを食べ、その情報をリンパ球に伝えます。するとリンパ球は異物から体を守るために、次に体内に入ってきたときに攻撃できるように抗体を作るのですが、その抗体は侵入してきた特定のアレルゲンにすぐ反応できるように、血液や粘膜内に存在する肥満細胞に結合します。結合した抗体は、次にアレルゲンが侵入すると、防御しようとして抗原抗体反応を示し、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症を引き起こす化学伝達物質を放出します。過剰に分泌されたヒスタミンは、ヒスタミン1型受容体に結合することで、知覚神経を刺激して炎症やくしゃみ、鼻水といった症状を起こします。ロイコトリエンは鼻粘膜を刺激することで血管収縮を行い、鼻づまりなどの鼻閉症状を引き起こします。この仕組みから、アレルギー性鼻炎の症状は主にくしゃみ、鼻水、鼻づまりなど様々な症状が起こります。アレルギー性鼻炎は大人になってから発症することが多く、突然くしゃみなどを起こすこともあれば、最初は自覚できない症状でも徐々に酷くなっていくこともあります。立て続けに出るくしゃみは、入ってきた異物を押し出そうとする生理現象で、体の正しい反応となっているので、熱やだるさなどが伴っていなければアレルギー性鼻炎で間違いないでしょう。また、目や喉、皮膚などにも炎症が見られることがあり、涙が止まらなかったり、かゆみが酷い場合にはアレルギー性鼻炎を疑う必要があります。
■アレルギー性鼻炎の治療に
アレグラ
ザイザル
■アレルギー症状緩和や水虫治療、感染症治療等の様々なお薬がございます
薬 個人輸入

ページトップへ